三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックテレビ窓口とは

テレビ窓口は全国に600以上ある三菱東京UFJ銀行支店のATMコーナーに併設されているので探すのに時間が掛かりませんし、個室ブースの中に置かれているので人目を気にする必要もありません。

また、銀行の営業時間に関係なく平日は20時まで稼働しており、仕事が終わってからでも利用できます。

さらに、休日でも営業しており(土曜・祝日10時~18時、日曜10時~17時)、勤め人にとっては非常に利用しやすくなっています。

なお、テレビ窓口での審査は最短で40分程度になっており、当日に審査が終わればテレビ窓口からカードが発行されるため、そばにあるATMからすぐに借入ができます。

ちなみに、バンクイックのホームページから申込を済ませておくと、カードの発行がより速くなります。

バンクイックの特徴とメリット

バンクイックは銀行カードローンのメリットを数多く持っていますが、その中の一つにコンビニATMの手数料が無料ということがあります。

バンクイックではセブンイレブンやローソンを始め、すべてのコンビニATMを利用できますが、どのATMを使っても手数料を取られません。

コンビニATMを利用して月の始めと終わりに1万円の借入・返済をすると2回分の手数料として216円が掛かります。

しかしながら、1万円の30日分の利息(金利18%)は147円にしか過ぎません。つまり、手数料の方が利息よりも高いことになり、手数料が無料というのは大きなサービスと言えます。

その他、金利が4.6~14.6%で、消費者金融の金利よりはるかに低くなっています。

ただ、最大の弱点と言えるのが、利用者の所有する銀行口座への振込キャッシングができないことと、他の銀行からの口座引き落としに対応していないことです。(出典元:イオン銀行カードローンBIG審査の口コミ評判は?

主婦で借りれるところはどこ?

主婦で借りれるところを探している人、どこを見つけましたか?消費者金融では専業主婦は平成22年より借りられなくなりました。

なぜかと言えば、総量規制ができて、年収1/3までしか借入ができなくなったからです。その為、パートやアルバイトなど一定収入がある人は、その1/3まで借りられますが、専業主婦はパートもアルバイトもしていないので、借入はできないということになるのです。

専業主婦でも借りられるところを教えて!と散々電話で怒鳴り散らかられたことがあります。

何回も言っていますが、専業主婦の方であれば、銀行カードローンに申込みするべきです。銀行カードローンは総量規制対象外となりますので、年収による貸付制限がありません。

専業主婦でも配偶者に安定的な収入があれば最高50万円まで借入できる銀行ローンもあるのです。

まずは自分でいろいろと調べることが先決です。調べもしないで勝手に申込みすれば消費者金融では門前払いになりますよ。

消費者金融では専業主婦と聞いて即断りになれば、信用情報は照会されていないと思いますが、万が一、信用情報を照会されてしまうと、申込み件数が記録に残ってしまいます。

絶対に借りられないのに、申込みしただけになることは避けてください。あなたの信用情報が汚れるだけですから。

専業主婦でかりるならば、イオン銀行カードローンBIGが良いでしょう。収入証明書は不要で借りられ、旦那に安定的な収入があれば最高50万円まで借りられます。

しかし、審査時間が長いのが欠点で、通常の審査でも約1週間から2週間もかかります。尚且つ、イオン銀行普通預金口座を持っていなければ開設しなければならないので、手続きも面倒なのです。

時間に余裕がある人はぜひともおすすめです。

銀行カードローンの金利でおすすめはどこなのか?

銀行カードローンも種類が多く悩みどころですよね?銀行の括りで考えなければ、信用金庫でのカードローンも有りと言えばありなんです。

しかし、あくまで銀行カードローンで絞った場合、どこの銀行が低金利なのか?最低金利と最高金利で広告は書かれていますが、それだけではなかなか分かりません。

そこで、今回は銀行カードローンのぶっちゃけの適用金利を書いてみたいと思います。

超低金利と言えるのは金利12%以下!

まず、金利を分けるにあたって、区分を作りたいと思います。

1.超低金利
2.低金利
3.普通

この3つで考えていきます。1番の超低金利になるのは上限金利が12%以下になるカードローンと言って良いでしょう。上限金利が12%以下なのは、銀行カードローンでも滅多にありません。

代表的なものは、住信SBIプレミアムカードローンですね。これは金利が3.5%~10.0%になっているので、審査に受かれば最高でも金利は10.0%となる超低金利ローンに認定されます。

他では、銀行カードローンではありませんが、三井住友ゴールドローン。これは金利4.5%~9.8%となっており。貸金業者では考えられない超低金利ローンとなっています。しかし、デメリットとしては毎月の返済が最低でも2万円以上となっているので、返済金額を低く抑えたい人には向いていません。

2番目の低金利のローンは、上限金利が15%以下となるローンだと言えます。三菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行カードローンはここに該当しますね。このゾーンであっても、消費者金融よりも低金利で借りられるのは確実です。

その為、ここまでが銀行カードローンの恩恵を受けられるローンと言えます。

3番目の普通ローンは、オリックス銀行カードローンや、新生銀行カードローンレイクが該当します。オリックス銀行は金利3.0%~17.8%となっており、最低金利は確かに最も低い部類になりますが、最高金利が17.8%の為、50万円ぐらいの借入であれば17.8%の金利になる可能性が非常に高いです。このことに関しては、オリックス銀行カードローンがすごい!【即日審査】が詳しく書かれています。

17.8%は、プロミスと同じ金利なので、消費者金融で借りても同じと言えるのです。又、新生銀行カードローンレイクは以前消費者金融だったこともあり、金利は4.5%~18.0%で、がちがちに消費者金融と同じ金利でやっています。

しかし、新生銀行カードローンで出しているので、総量規制は対象外となるのです。

以上のことから、少しでも金利を安く借りたい!というひとは、住信又は、三井住友カードゴールドローンがおすすめですね。

消費者金融審査は甘いのか?

消費者金融の審査は甘いのかどうか、よく聞かれることがあります。

消費者金融と聞くと、誰にでも貸すようなイメージをまだ持っている人がいるかもしれませんが、それはかなり過去の話です!

確かに消費者金融が最盛期だった頃は、例え借金が300万円あったとしても、中堅以下の小さい消費者金融へ申込みすれば5万円~10万円借りられる可能性はありました。

しかし、300万円の借金があって、5万円~10万円を返済のために借りたとしても、焼石に水状態で、来月はまたどこからか借りなければ返済ができないことになります。

なぜそのような多重債務者に消費者金融会社は貸すのか?と考えると、300万円借金があって、その人に返済能力が無いとしても、親や身内などからの援助によって、清算する能力はあると判断されれば融資をしていた過去があるのです。

このように、昔の消費者金融は過剰貸付けと言われても仕方がない融資の仕方をしていたのは事実です。大手は貸さない層でも、中堅以下の消費者金融は5万円などを少額貸付していたのです。

このことから、消費者金融は審査が甘いと言われる理由となっていたのですが、今はそのような過剰貸付けもできなくなってしましました。

消費者金融の審査は総量規制によって変わった

2010年から総量規制ができたことで、消費者金融は過剰貸付けはできなくなり、原則年収の3分の1までしか貸すことができなくなったのです。

このことで、過去の過剰とも言える貸付行為は法律的に禁止となり、よって、今の消費者金融は決して審査が甘いと言うことはありません!

逆に銀行カードローンは総量規制対象外となりますので、年収3分の1の規制は無く、消費者金融では貸付できなかった人も属性が良く、与信が高い人ならば消費者金融よりも銀行カードローンから融資を受けられる可能性があるのです。

消費者金融の審査が甘いというのは過去の話で、今の消費者金融で生き残っているのは大手は全て銀行傘下の会社です。このことからも審査基準は明確になっており、審査が甘いということはありませんので、消費者金融へ借入する場合も断られる可能性があるということを気にしておいた方が良いでしょう。

消費者金融のおまとめローンのデメリット

口を押えている男性画像

消費者金融でおまとめローン比較をする人はけっこう多いと思いますが、消費者金融でおまとめローンをする場合、いくつかのデメリットが存在します。

必ずデメリットを理解してからおまとめローンを申込みすることをおすすめします。

おまとめローンとは、複数の借入を一つにまとめるローンを言いますが、デメリットよりも、メリットの方が断然に多いことは確かなことです。

デメリットばかり気にすると、おまとめローンが組めなくなることもありますので、あくまで参考程度に見て頂ければと思います。

消費者金融のおまとめローンは金利が高い?

まず、消費者金融のおまとめローンですが、銀行カードローンのおまとめローンと比較すると、どうしても金利が高くなってしまいます。

銀行カードローンであれば、金額が高くなるにつれて低金利となっていき、200万円からは金利1桁の銀行カードローンも多くあります。

しかし、消費者金融のおまとめローンで金利1桁で借りようと思った場合、正直なかなか難しいのが現実です。

利息制限法は100万円以上は金利15%が上限金利となりますので、消費者金融で150万円未満のおまとめローンは金利は15%になる可能性が極めて高いでしょう。

例えば、イオン銀行カードローンBIGなら100万円~200万円では金利は1桁の8.8%となっており、消費者金融と比較すれば大きな金利の開きがあるのです。

カードローン
金利
限度額
オリックス銀行カードローン3.0%~17.8%最高800万円
東京スター銀行おまとめローン5.8%~14.8%
※保証料年率1.2%相当を含む
最高1,000万円
イオン銀行カードローンBIG3.8%~13.8%最高800万円
プロミス4.5%~17.8%1~500万円
アコム4.8%~18.0%最高500万円
アイフル4.5%~18.0%最高500万円
上の金利表だけを見ても分かりずらいですが、おまとめローンは数社のローンをまとめて一本化するために、金額は大きくなりがちです。

大きな限度額を借りる場合、断然に銀行カードローンの方が金利が低く設定されているのです。消費者金融ではいくらの限度額を借りた場合、金利はいくつになるのか決められていません。

しかし、銀行カードローンは限度額に応じて金利が予め決まっているので、おまとめローンには最適とも言えるのです。

例えば、オリックス銀行カードローンの場合、100万円超~150万円未満は、金利9.0%~14.8%、150万円超~200万円以下は金利6.0%~12.8%となっており、審査によっては充分に10%以下の金利でおまとめすることも可能になっています。

銀行カードローンと消費者金融のおまとめローンはまず金利が断然に違ってくることが挙げられます。

消費者金融では収入証明書が必要

消費者金融では50万円を超える借入の場合、必ず収入証明書が審査で必要となっています。これも消費者金融のおまとめローンのデメリットとも言えます。

銀行カードローンでは、オリックス銀行カードローンは限度額300万円以下は収入証明書不要としており、おまとめローンだったとしても300万円以下なら原則収入証明不要で借りることができるのです。

おまとめローンは審査が厳しくなる傾向があるので、特に消費者金融では提出書類が増えてしまうことが多々あります。

しかしながら銀行カードローンでは限度額上限も高くなっており、おまとめ・借り換えもOKとしていることから、多くの銀行では100万円以下は収入証明書不要、200万円~300万円まで不要な銀行もあります。

消費者金融では追加借入ができない!

消費者金融のおまとめローンのデメリットはまだあります。それは限度額内で追加借入ができず、完済までずっと返済しかできないことです。

今までフリーローンであれば限度額の中で繰り返し千円単位から借入ができましたが、消費者金融でおまとめした場合、基本的には元利均等返済などになり、契約後の追加融資は受けられません。

これに対し、銀行カードローンはあくまでおまとめローンとして利用しても、基本的には限度額内で借入は可能となっています。

おまとめして早期完済を目標にすることは間違いないのですが、完済するまでの3年~5年の間に、一度も借入ができないのは大きなデメリットとなります。

このように、おまとめローンであれば、絶対的に消費者金融で借りるよりも銀行カードローンで借りた方がメリットが大きいのです。

銀行は総量規制対象外となっており、年収3分の1規制もないので高額なおまとめローンであっても、審査によっては思った以上の金額を借りられる可能性があります。

まずは銀行からおまとめローンを申込みしてみることをおすすめいたします。

おまとめローンするならここがおすすめ!

【オリックス銀行カードローン】
オリックス銀行カードローンは金利3.0%~17.8%の業界最低水準と限度額最高800万円のハイスペックローンで、おまとめローンも借り換えローンも利用OKとなっています!

銀行でも最短即日審査が可能で、300万円までは収入証明書不要!ローンカード発行後は即日融資ができ、提携ATM手数料は終日0円となっています!

特に消費者金融利用者からのおまとめローンは人気No.1です。
オリックス銀行カードローン

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

【イオン銀行カードローンBIG】
低金利な銀行で選ぶならイオン銀行カードローンBIGがおすすめです!金利3.8%~13.8%で上限金利13.8%は銀行でもトップの低さとなっています!

しかも、100万円以上は金利は8.8%以下が確実となる超低金利ローン!100万円以下は収入証明書不要で借りられます。

金利は低いですが、イオン銀行の口座が必要となり、持っていない人は同時申込みで、審査結果は約1~2週間程度と長いのが気になる点です。

借入まで余裕があって、金利重視の人はおすすめと言えます。

>>イオン銀行カードローンBIG公式サイトはこちら<<

消費者金融でおまとめならここがおすすめ!

【プロミス】
プロミスは消費者金融大手として知名度、人気、評判は断トツです!実質年率4.5%~17.8% 限度額500万円は消費者金融ではトップのスペックとなっています。

プロミスの特徴はメールアドレスの登録とWEB利用明細の登録で30日間無利息になる点です!おまとめローンの場合、まとめた1ヵ月分が利息0円になるので、おまとめ・借り換えともに人気の消費者金融となっています。
300×250

>>プロミス公式サイトはこちら<<

【アコム】
消費者金融で借り換え・おまとめもできるのはアコム!アコムは審査の早さと、即日融資までの時間はキャッシング・カードローンでも随一と言われています。

正式審査回答まで最短30分!平日14時までにアコムへ本人確認書類をFAXし、アコムが確認すれば即日融資も可能となっています!

平成26年10月1日より、金利0円キャンペーンが商品化となり、プロミス同様、新規契約であれば30日間は無利息です!

>>アコム公式サイトはこちら<<

銀行カードローンで一本化なら総量規制対象外!

一本化のおまとめローンは消費者金融カードローンから、銀行カードローンまで幅広く商品がありますが、銀行カードローンで一本化することによって、総量規制対象外で借入ができるのです!

総量規制対象外とは、貸金業法の総量規制、年収3分の1以上は貸付禁止とした制度は関係が無く、仮に年収3分の1を超えたとしても審査で融資可能と認められれば借入することが可能となります。

おまとめローンは複数の借入先をまとめるローンの為、50万円を3社から借りていれば合計金額は150万円となり、4社であれば200万円と、高額なローンになります。

高額なローンほど、総量規制が影響してくるため、所得が低い人は、まず総量規制のハードルを越えなければ借入ができないのです。

銀行カードローンは年収規制無しの審査です!

消費者金融会社のおまとめローンは年収の規制がありますが、総量規制例外貸付として、おまとめローンは認められていますので、仮に年収3分の1を超えても貸付は可能となっています。

では、わざわざ審査の厳しい銀行カードローンでおまとめ一本化しなくても、消費者金融でおまとめすればいいじゃん!!と思う人が多いでしょう。

しかし、消費者金融のおまとめローンで年収3分の1を超えて借りた場合、借入後は追加借入が一切できないのを知っていますか!!!!!?

なぜなら、総量規制例外貸付はあくまで例外として融資しているだけなので、借金が年収の3分の1以上あることは紛れもない事実なのです。

その事実を貸金業法が許す訳も無く、当然、融資はできますが、借りた後は返済専用のローンとなり、限度額内での借り入れは基本的にはできません!

総量規制対象外でおまとめすれば追加借入は可能!

そこでおすすめなのは、総量規制とは関係が無い、銀行カードローンの登場です。銀行カードローンは確かに、審査が厳しいですが、それだけのメリットが多くあり、一番のメリットは、銀行カードローンでおまとめしても、仮に年収の3分の1以上だった場合でも、総量規制対象外になることから、限度額内での追加借入は可能なんです!!!!

カードローンは借入と返済を繰り返しできることが大きな魅力です。極端に言えば、返済後にすぐに、返済した分を借りることもできます。それが魅力のカードローンですが、返済のみになってしまっては、その魅力も大幅ダウンなのです!!

やはりカードローンは何回も借入したいですよね?必要な時に出金できる安心感があることがカードローンであり、それができなくなるのは、クリームコロッケにクリームが無くなったみたいなものです。

銀行カードローンで借り換え・おまとめするならオリックス銀行カードローンがおすすめですよ。

消費者金融の審査を通るには態度から!

消費者金融でも、何でもそうですが、審査する方と、される側では大きな違いがあります。

その違いをよく考えずに申込みしてしまうと、普通に審査に落とされますので注意が必要なんです。

電話の態度が横柄な人は論外で落ちます

よくあるのは、消費者金融会社から審査上で確認事項があった時の態度が非常に悪い人です。

消費者金融は無担保・無保証で貸付する事から、その人の人間性は最重要課題と言っても良いのです。

公務員や上場企業に勤務していて、いつでも完済する力はあるのに、毎月延滞や、態度が悪く、何か言えばすぐクレームを入れてくるような人は、普通の人よりも何倍も手間がかかる為、消費者金融の担当者としては、はっきり言って融資したくはないのです。

その人に融資をしないからと言って、上司から怒られることはありません。

話した時に態度が非常に悪く、人間性に難があるからと言えば、それでお終いです。

どんなに属性が良かったとしても、消費者金融とは、その人の人間性が一番大事な問題なのです。

よくあるのは、無人契約機でも横柄な態度をとれば審査に通ることは難しくなります。

無人契約機では画面のカメラから申込者は当然に映し出されています。そうしなければ、他人の免許証で借りられてしまうので、当たり前です。

無人契約機でも審査担当者と話をしますが、その時の態度はやはりちゃんとした受け応えでなければなりません。

お金を借りる時は誰でも低姿勢が基本ですが、借りる時から態度に問題がある人は、返済のときにより一層問題が出てくるのは目に見えているからです。

接客業でのクレームはみんな嫌がることですが、消費者金融も接客業です。基本的にお金を貸してる側になるので、ほとんどの人は、問題がないのですが、一部の人は、ATMでの入出金のときや、電話の対応など非常に細かい点に対してクレームを入れてくる人がいます。

消費者金融側に非があるなら仕方ありませんが、何も非がないところにぶっこんでくるクレーマーはかなりタチが悪く、お金を貸すという中では最もやっていはいけない行動なのです。

消費者金融の審査に通りたいのであれば、まずは態度からきちんとすること。これは意外に重要なことです。

キャッシング即日融資ができない人

キャッシングするなら、ほとんどの人は即日融資を希望すると思います。

キャッシングしたくて申込みしているのに、融資は1週間後でいいよと言う人など見たことがありません。

要するにキャッシングはスピードが命と言って良いほど、即日融資は需要が多いのです。

しかし、キャッシングする時に、全ての人が即日融資で借りられるわけではありません。

キャッシングで即日借りたいのに、借りられない人もいるのです。キャッシング即日融資ができない人はどのような人なのか?それを説明します。

キャッシング即日融資できない人はこんな人

  • 平日15時以降に申込みし、尚且つ、自分の銀行口座へ振込してほしいと言う、わがままな人
  • 最初から自分名義の銀行口座を持っていない人。
  • そもそも、キャッシングの審査が通らない人。
  • 振込先の口座番号を間違えている人。

キャッシング即日融資はキャッシング会社にとってもリスクがあることです。

リスクが大きいことは当然ながら、審査は厳しく、規定も事細かくなっていることは仕方がありません。

まず、1番重要なポイントとして、キャッシングで即日融資を受けたいならば、方法は3つ程度あります。1、自分名義の銀行口座に振込融資をしてもらう方法。2、店舗へ来店してその場で融資を受ける方法。3、無人契約へ行って融資を受ける方法。

即日融資を受ける方法は主に上記3つになりますが、この3つをすべて可能としているのは消費者金融会社だけです。銀行カードローンの多くは即日融資に対応できておらず、即日に利用ができる銀行は、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックか、新生銀行カードローンレイク、楽天銀行カードローンぐらいです。

その他の銀行カードローンでは即日融資は基本的にはできません!そう考えると、消費者金融の即日融資というものは、非常に高い融資技術と言えるのです。

キャッシング即日融資なら消費者金融へ申込みするでござる!

即日で融資を受けたいのならば、消費者金融へ申込みする事が絶対条件です。自分名義の銀行口座に振込融資を希望するのであれば、最低でも午前中には申込みし、なるべく審査が早く終わるように、記入漏れや、在籍確認もちゃんととれるようにしておくこと。そして、なにより、キャッシング会社からの連絡には1秒程度でソッコーで出ることが重要となりあます。

審査結果の連絡がなかなかつながらないなどの低次元の問題をしているようでは、その当日に融資を受ける資質など最初から無いものとなっているのです。それほど連絡はマメに気にしておきましょう。

そうすれば、きっと即日融資はできます。いえ、できるものと信じて申込みしましょう!

カードローン借り換え希望なら銀行カードローンへ!

カードローン借り換えとは、今借りているカードローンを別で借りたローンで完済することで、借り換えをすることです。

今借りているカードローンより低金利のローンへ借り換えすることによって、毎月の金利(利息)が安くなります。

毎月返済してても、思うように残高が減らない、いつまでたっても完済は程遠い・・など思うことはありませんか?

キャッシングカードローンは多くのメリットがある反面、利息が高いと、なかなか残高が減っていかないデメリットもあります。

そのような場合に低金利へ借り換えすることで、今までの不満を解消し、より良いカードローンライフを送ることができるのです。

カードローン借り換えするなら銀行カードローンへ!

カードローン借り換えのポイントとなるのは金利です。借り換えしたとしても、今よりも金利が下がらなければ、ただ単に面倒な契約をしたにすぎません。

じゃぁ、どこから借りれば低金利になるのか?キャッシングカードローンの種類はかなり多く、借り換えが可能なカードローンがどこなのかもはっきりと分からない人も多くいます。

ここで、はっきりと断言しますが、カードローン借り換えをするならば、必ず銀行カードローンで借り換えしてください。

なぜならば、今のキャッシングカードローンで最も低金利なのは銀行カードローンだからです。

今あなたが、金利18%近くでローンを借りているとします。これを低金利な銀行カードローンで借り換えしたのであれば、銀行は金利14%以下、限度額が高ければ10%以下の低金利で借り換えすることも可能なのです。

18%から10%のカードローンへ借り換えするだけで、金利は8%も下がります。毎月の返済金額が5千円低く(安く)なれば、年間で見れば、6万円もの金額が違ってくるのです。

銀行カードローンは総量規制対象外です!

銀行カードローンで借り換えをおすすめするのは、低金利だけではありません。銀行カードローンは年収の3分の1までに借入を規制した、総量規制は関係が無い、総量規制対象外となるのです。

簡単に言えば、銀行カードローンであれば、年収3分の1の制限がないことから、1/3を超える貸付でも融資を受けられる可能性があります。

消費者金融では総量規制の対象となり、年収3分の1までしか融資を受けられませんが、銀行カードローンであれば、それ以上の融資を受けることができますので、より多くのローンを借り換え・おまとめすることができ、一本化することもできるのです。

当サイトは、銀行カードローンについて、詳しく解説し、今借りるならばどこの銀行カードローンがおすすめなのか?人気の銀行カードローンやランキングをご紹介していきます。